文字サイズ変更

現在の位置

子宮頸がん予防ワクチンについてのお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン接種のお勧めを引き続き一時中止しています 

中学1年生から高校1年生相当の女子に対し、子宮頸がん予防ワクチン接種を実施していましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない副反応(注1)が見られたことから、厚生労働省より平成25年6月14日付けで通達があり、接種のお勧めを差し控えることになりました。

平成28年度も引き続き、接種のお勧めを差し控えています。

(注1)副反応:持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度などは調査集です。

子宮頸がん予防ワクチンの接種にあたっては、有効性とリスクを十分理解した上でご検討ください。

 

更新日:2017年4月1日

ページの先頭へもどる