文字サイズ変更

現在の位置

高齢者インフルエンザ予防接種について

10月15日(月曜日)から、高齢者インフルエンザ予防接種を実施します。

インフルエンザにかかると肺炎を併発し、重症になる場合があります。

予防接種を受けることで、発病や重症化の予防に効果があることがわかっています。

インフルエンザウイルスは、その年によって流行の型を変えるため、ワクチンが十分な効果を維持するには、毎年予防接種をすることが必要です。ただし、体調によって接種できないことがあるため、接種にあたってはかかりつけの医師と相談してください。

高齢者インフルエンザ予防接種は、接種を受けなければならないという義務はありません。個人の発病・重症化予防の目的で、自らの意思と責任で、接種を希望する場合のみ接種をおこなっていただくものです。

なお、接種にあたって対象者の意思確認ができない場合は、予防接種法に基づく接種として取り扱うことはできません。

 

 

接種実施期間 

平成30年10月15日(月曜日)から平成30年12月31日(月曜日)まで

各実施医療機関の診療時間内

 

接種対象者と接種料金 

接種当日65歳以上の市民のかた:接種料 1,000円(1回のみ) 

・ただし、接種当日60歳から65歳未満のかたのうち、心臓・じん臓・もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有するかたまたはヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有するかたについても、1,000円で接種していただくことができます。(対象者には、貝塚市から通知が送付されます)

市民税非課税世帯または生活保護受給中のかたで、事前に貝塚市健康推進課へ申請し、インフルエンザ予防接種無料接種券の交付を受けた場合は、無料で接種していただくことができます。 (申請期間は平成30年12月25日(火曜日)まで)

注意:高齢者以外のかたへの費用助成はありません。

 

予防接種の受け方 

貝塚市内の予防接種実施医療機関(別表参照)に直接予約をし、接種してください。

市が定める実施期間外に接種された場合は、任意接種の扱いとなり、全額自己負担になります。(費用助成の対象にはなりません)また、予防接種健康被害救済制度も適用されません。

市外に入院・入所されているかたの予防接種については、別途手続きが必要になりますので、詳しくは健康推進課までお問い合わせください。

 

持ち物と注意事項 

持ち物

健康保険被保険者証

接種料金、または無料接種券

健康手帳 (お持ちのかたのみ)

 

注意

予診票は、接種を受けるかたが責任をもって記入してください。

予防接種の当日、体調が悪い場合は予約を取り消し、接種を延期してください。

 

実施医療機関 

予防接種を受ける際は、接種を受ける医療機関に必ず予約をしてください。

 

ご注意ください! 

下記お問い合わせ先に電話する際は、お掛け間違いのないようご注意ください。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康子ども部 健康推進課

電話:072-433-7000
ファックス:072-433-7005
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階 

更新日:2018年10月12日

ページの先頭へもどる