文字サイズ変更

現在の位置

70歳以上の方の高額療養費自己負担限度額の変更について

すべての方が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間での世代間の公平が図られるよう、平成30年8月診療分から70才以上の方の高額療養費自己負担限度額が次のとおり変更になります。
またこれにより、現役並み所得者【2】、【1】のかたは、あらたに限度額適用認定証の発行の対象となります。必要なかたは、保険証と世帯主の印鑑をお持ちのうえ、申請してください。

 

70歳以上の方 
 

 

平成29年7月診療分までの自己負担限度額(月額)
負担割合 所得区分

外来(個人ごと)

入院+外来(70歳以上の世帯単位)
3割のかた      

現役並み
所得者

44,400円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%〈多数回該当44,400円〉
1割・2割
のかた
一般 12,000円 44,400円
低所得者【2】 8,000円 24,600円
低所得者【1】 15,000円

 

                         ↓

 

平成29年8月から平成30年7月診療分の自己負担限度額(月額)
負担割合 所得区分 外来(個人ごと) 入院+外来(70歳以上の世帯単位)
3割のかた       現役並み所得者 57,600円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
〈多数回該当44,400円〉
1割・2割
のかた
一般

14,000円

(年間限度額144,000円)

57,600円

〈多数回該当44,400円〉

低所得者【2】 8,000円 24,600円
低所得者【1】 15,000円

 

                         ↓

 

平成30年8月診療分からの自己負担限度額(月額)
負担割合 所得区分 外来(個人ごと) 入院+外来(70歳以上の世帯単位)
3割のかた       現役並み所得者【3】

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

〈多数回該当140,100円〉

現役並み所得者【2】

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

〈多数回該当93,000円〉

現役並み所得者【1】

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

〈多数回該当44,400円〉

1割・2割
のかた
一般

18,000円

(年間限度額144,000円)

57,600円

〈多数回該当44,400円〉

低所得者【2】 8,000円 24,600円
低所得者【1】 15,000円


【平成30年8月診療分からの変更点】

所得区分[現役並み所得者]の方
・外来(個人ごと)の限度額が廃止されました。
・住民税課税所得によって、区分が3つに細分化されます。

所得区分[一般]の方
・外来(個人ごと)限度額が18,000円に変更されます。
 

 

【注意】

・現役並み所得者【3】:同一世帯に住民税課税所得が690万円以上の70歳以上の被保険者がいるかた。

・現役並み所得者【2】:同一世帯に住民税課税所得が380万円以上の70歳以上の被保険者がいるかた。

・現役並み所得者【1】:同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上の被保険者がいるかた。

〈昭和20年1月2日以降生まれで70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる世帯のうち、「基礎控除後の総所得金額等」の合計額が210万円以下の場合を除きます。〉

ただし、住民税課税所得が145万円以上でも70歳以上のかたの年収が単身世帯383万円未満、二人以上の世帯520万円未満の場合は、申請することにより自己負担割合が1割または2割となります。

・一般:現役並み所得【3】【2】【1】および低所得者【2】【1】以外のかた。

・低所得者【2】:住民税非課税の世帯に属するかた。

・低所得者【1】:住民税非課税の世帯で、世帯員の所得が一定基準に満たないかた。


・多数回該当:過去12か月以内に同一世帯で高額療養費の支給が3回以上あった場合の4回目以降の限度額。
※平成30年度以降は、府内の市町村間で住所異動した場合に世帯の継続性が保たれていれば、平成30年4月以降の療養において発生した前住所地の高額療養費の多数回該当のカウントが通算されます。

・年間限度額(8月~翌年7月):外来療養について、年間を通して長期療養を受けているかたの負担が増えないように設定された限度額です。

 

お問合わせ先

福祉部 国保年金課 国民健康保険 給付担当

電話:072-433-7273
ファックス:072-433-7276
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館1階 

更新日:2018年8月1日

ページの先頭へもどる