文字サイズ変更

現在の位置

妊婦健康診査

妊婦さんの健康状態や、お腹の赤ちゃんの発育状態などをみるため、出産まで病院で定期的に身体・血圧測定や血液・尿検査などをします。

すこやかな妊娠と出産のために妊婦健康診査を必ず受けましょう。

 

妊婦健康診査受診券について 

妊婦健康診査受診券は、妊娠届け出の際、母子健康手帳などといっしょに交付しています。

 

貝塚市では、妊婦1人あたり、下記の妊婦健康診査受診券を交付します。
 ・妊婦一般健康診査受診券 1  (20,040円) 1枚

 ・妊婦一般健康診査受診券 2~14 (5,000円) 13枚

 ・検査補助券 A~F (5,300円) 6枚

検査補助券は、必ず受診券1~14のいずれかと同時に使用してください。検査補助券のみを単独で使用することはできません。


妊婦健康診査を受ける際、受診券に必要事項を記入し、医療機関の窓口にご提出ください。受診券に記載されている金額を上限に、健診にかかった費用の一部を市が負担します。 (受診券に記載された金額を上回る費用は本人のご負担となります)

 

妊婦健康診査受診券の使用の対象となるのは、健診当日、貝塚市に住民票のある妊婦です。妊娠中に転出されると受診券は無効です。転出先でお問い合わせください。

多胎妊娠についても、交付される受診券は妊婦1人あたりに1セットです。

残った受診券の払い戻しや現金との引換えはできません。

 


注意:貝塚市以外で母子健康手帳を交付されたなどの理由で、貝塚市の妊婦健康診査受診券をお持ちでないかたは、母子健康手帳と転入前に交付された妊婦健康診査受診券を持参のうえ、健康推進課にお越しください。

体調不良などでどうしても妊婦のかたの来所が難しい場合は、ご家族のかたの代理申請も可能です。下記の「妊婦健診・乳児健診受診票 届出はがき 交付申請書」をダウンロードし、事前に妊婦のかたが記入した用紙をご持参ください。
 
 

 

受診時期の目安 

・妊娠初期から妊娠23週は4週間に1回程度
・妊娠24週から妊娠35週は2週間に1回程度
・妊娠36週以降は1週間に1回程度

妊娠中は、普段よりも一層健康に気をつけ、いつもと違うと感じたら早めに医療機関を受診してください。 

 

実施機関 

貝塚市の妊婦健康診査受診券は大阪府内の医療機関で使用できます。

 

 (妊婦健康診査費用の還付について)
里帰り出産などで、大阪府以外の医療機関で妊婦健康診査を受けられた場合は、規定の範囲内でかかった費用の一部をお返しします。

大阪府以外で受診された妊婦健康診査の領収書・母子健康手帳・未使用の(残っている)妊婦健康診査受診券、印鑑(シャチハタでないもの)をご用意のうえ、健康推進課までお問い合わせください。 

 

 

 

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康福祉部 健康推進課

電話:072-433-7000
ファックス:072-433-7005
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階 

更新日:2016年4月5日

ページの先頭へもどる