文字サイズ変更

現在の位置

水道料金の減免対象が重度精神障害者世帯にも拡充されました

平成29年9月1日付、水道料金の福祉減免実施要綱の改正により、重度精神障害者世帯にも減免対象が拡充されました。

 

減免の要件 

20歳以上の在宅で、精神障害者保健福祉手帳1級所持者(20歳以上)がいる世帯

 

減免割合 

1カ月あたり使用水量20㎥を限度として5割軽減

 

減免の期間 

申請のあった日の属する月の翌調定月から始め、減免すべき事由が消滅した日の属する調定月まで。

以下例に記載している申請日は土日祝日を除く平日8時45分から17時15分になります。

(例)

偶数月が検針日の世帯

平成29年9月中に申請された場合は9-10月分から減免

平成29年10月から11月中に申請された場合は11-12月分から減免

平成29年12月から平成30年1月中に申請された場合は1-2月分から減免

 

奇数月が検針日の世帯

平成29年9月から10月中に申請された場合は10-11月分から減免

平成29年11月から12月中に申請された場合は12-1月分から減免

平成30年1月から平成30年2月中に申請された場合は2-3月分から減免

 

更新日:2017年10月6日

ページの先頭へもどる