現在の位置

孝恩寺 木造薬師如来立像

孝恩寺 木造薬師如来立像 1躯 

孝恩寺 木造薬師如来立像

孝恩寺 木造薬師如来立像 

こうおんじ もくぞうやくしにょらいりゅうぞう

種     別   重要文化財(美術工芸品 彫刻)
所有者氏名   宗教法人 孝恩寺
所有者住所   貝塚市木積798
時     代   平安時代前期(9世紀)
構     造   一木造、彫眼、黄土彩
法     量   像高 158.4センチメートル
指定年月日   大正2年4月14日


木積(こつみ)の孝恩寺は、元禄7年(1694年)に再興された浄土宗知恩院末の寺院です。現在の本堂である観音堂(釘無堂)は、もと観音寺という寺院の観音堂でしたが、大正3年(1914年)孝恩寺が観音堂を合併したことで、以後同寺の本堂となりました。観音寺は、行基(ぎょうき)に開創されたとされる寺院ですが、天正13年(1835年)の羽柴(豊臣)秀吉による紀州攻めに際して伽藍(がらん)や持仏の大部分が焼失し、残された観音堂と持仏は木積村の人々によって守られてきました。

薬師如来は、12の大願(たいがん)を発して、衆生(しゅじょう)の病苦を救い、身体的欠陥を除き、悟(さと)りに近づけようと誓った仏です。頭頂より足ホゾまで、両袖口までを含んで、カヤの一材で彫り出し、内刳(うちぐ)りはほどこさず、表面は黄土彩(おうどさい)としています。裳(も)をつけ、衲衣(のうえ)を偏袒右肩(へんたんうけん)にまとい、右手は施無畏印(せむいいん)とよばれる印をむすび、左手に薬壷(やっこ)を持って直立します。腫(は)れあがったような肉髻(にっけい)部と地髪部、そしてその下の圧縮された面部に強く大きく刻み出された鼻目などにより醸(かも)し出される神秘感は、本像独特のものがあります。



伽藍:寺院の建物の総称
大願:仏教で仏が衆生を救おうとする誓願
衆生:生きとし生けるもの
内刳り:木彫像において、木の干割(ひわ)れを防ぎ、重量を軽減するために、像の背面や底面から木心を除くこと
裳:腰から下に巻きつける衣
衲衣:如来がまとう衣
偏袒右肩:右肩をあらわにする衲衣の着方
施無畏印:仏像の手の組み方の一つで、右手をあげてすべての指を伸ばし外向きにする
肉髻:如来三十二相(そう)とよばれる如来の身体的特徴の一つで、頭部の盛り上がった部分

 

お問合わせ先

教育部 社会教育課 文化財担当

電話:072-433-7126
ファックス:072-433-7107
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階 

更新日:2010年12月6日

ページの先頭へもどる