現在の位置

願泉寺築地塀(附)

附 願泉寺築地塀 2棟 

願泉寺北築地塀

願泉寺北築地塀 

願泉寺南築地塀

願泉寺南築地塀 

がんせんじついじべい

種      別   重要文化財 附(建造物)
所有者氏名   宗教法人願泉寺
所有者住所   貝塚市中846
時      代   江戸時代 寛文11年(1671年)
規      模   表門北方折曲り33.4メートル、表門南方折曲り32.6メートル
指定年月日   平成5年8月17日

 

願泉寺は、山号を「金凉山」といい、浄土真宗本願寺派の寺院です。貝塚寺内町(じないまち)の中心寺院で、天正11年(1583年)から同13年まで紀州より本願寺第11代顕如(けんにょ)らが移住し本願寺が置かれました。慶長12年(1607年)には西本願寺第12代准如(じゅんにょ)より寺号を授けられ、同15年(1610年)住職卜半(ぼくはん)家の2代了閑(りょうかん)は徳川家康より寺内諸役免許の黒印状(こくいんじょう)を与えられ、以後同家は貝塚寺内の地頭(領主)となり、明治4年(1871年)までその支配が続きました。江戸時代初期には本願寺が東・西に分かれましたが、願泉寺は戦前まで東・西本願寺に属していました。

築地塀は、門前通りである「御坊前通り」に面する表門から左右に延びる部分の2棟が附として指定されています。築地は柱を見せた塗り塀で、屋根は本瓦葺とします。願泉寺所蔵『手鑑』(てかがみ)に「築地寛文十一ヨリ七拾六年」とあることから、寛文11年(1671年)の建立と考えられています。



黒印状:黒い印肉をつけて押された印のある文書

 

お問合わせ先

教育部 社会教育課 文化財担当

電話:072-433-7126
ファックス:072-433-7107
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階 

更新日:2010年12月7日

ページの先頭へもどる