メニュー

自主防災組織への助成

文字サイズ変更

現在の位置

自主防災組織への助成

自主防災組織とは、地域のみなさんが、自主的に防災活動を行う組織です。大規模災害が発生したとき、みなさん自身が災害の初期段階で適切な防災活動を行うことにより、地域の人命救助や財産保護などに大きな力となり、災害による被害を最小限に抑えることができます。 

役割 

平常時の活動

  • 防災意識の普及、啓発活動(防災に関する回覧板、防災研修の実施など)
  • 被害の未然防止のための活動(建物・塀などの耐震診断など)
  • 災害に備えて地域内を知る活動(避難誘導・介助の必要な方の把握や資機材管理など)
  • 防災訓練(初期消火訓練、炊き出し訓練など)

 

災害時の活動

  • 情報伝達活動(被害情報の収集・伝達など)
  • 初期消火活動(消火器やバケツリレーなどでの消火活動)
  • 救出救護活動(資機材を使っての救出や負傷者の救護など)
  • 避難誘導活動(住民の安否確認、避難誘導)
  • 物資分配活動(炊出しの実施及び配分)
 

結成時資機材助成 

町会等で地域住民が自主的に組織する自主防災組織で、規約・計画等を定めている自主防災組織に対し、100万円分(可搬式消防ポンプの助成を含む場合は、130万円分)を限度として、資機材を助成します。

 

追加資機材助成 

結成時資機材助成を受けた自主防災組織で、新たに資機材が必要となった場合は、助成を受けた年度から起算して3年を経過した年度以降に30万円分の資機材を助成します。 

活動助成金 

毎年度、自主防災組織が支出した対象経費の2分の1(5万円を上限)を助成します。

助成対象となる経費とは

  • 燃料費、修理費、消耗品費など自主防災組織が管理する機材の維持に必要な経費。但し、資機材の保管場所の賃借料は対象外。
  • 自主防災組織が行う防災訓練を実施するために必要な借上費、消耗品費、飲食費等の経費。但し、訓練目的以外に係る飲食費及び参加に係る人件費に相当するものは対象外。
  • 防災知識を習得するために必要な講演会の講師謝礼金や研修会等に参加するための経費。但し、参加に係る人件費に相当するものは対象外。
  • 災害時に必要と認められる食糧、飲料水その他備蓄物品を購入するための経費。

 

認めない経費の例

  • 組織員に配布する記念品など購入費
  • 組織員の飲食に関する経費(炊き出し訓練を除く)
  • 組織員に対する日当などの人件費
  • 社会通念上不適当な講師謝礼金


申請の流れ
 
1 申請書等の提出(以下の書類を提出して下さい。)

  • 自主防災組織活動助成金交付申請書(様式第1)
  • 活動内容説明書(様式第2)
  • 対象経費の内訳計算書及び支出に係る領収書又はその写し
  • 当該組織の規約及び役員名簿
 

 2 助成金の請求

 1 の申請書等を市で審査し、自主防災組織活動助成金交付決定通知書にて助成金の決定額をお知らせしますので、助成金の請求をして下さい。

 

お問合わせ先

都市政策部 危機管理課

電話:072-433-7392
ファックス:072-432-2482
ファックス:072-433-7511(代表)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階 

更新日:2017年2月15日

ページの先頭へもどる